ドキドキ!ワクワク!大自然アクティビティへようこそ!

ドキドキ&わくわくをたっぷり味わえる大自然アクティビティ!
7mの高さから滝つぼにダイブしたり、20mのウォータースライダーで川をすべり降りたり!
豪快な水しぶきに、冒険心が刺激されること間違いなし!

お申込みはこちら

さらにもひとつのサルサ!

オ~ラ~(Hola)エリカです。

日本食」がブームと言われ

醤油、味噌などが脚光をあびていますね。

私がこれまで行った10数か国の

ラテンアメリカでは

もうとっくの大昔に中華料理はチェーン店が出来るほど目につきました。

アルファベットのメニューとは別に

壁に目立つように斜体

「KIKKOMAN」と書かれていたのはビックリでした。

彼らの発音では「キッコマン」と呼びますが

あまり評判にはならなかったようでした。

なにしろ味が

塩水に色がついただけの液体って感じでしたから。

時間をかけて大豆を発酵させた醤油は

手のかかったソースなのだと彼らが理解できたのは

ここ数年のことのようです。

アルゼンチンでは

週末といえばアサード(バーべキュー)

誕生祝いもアサード

何かと集まるパーティもアサードで

特別手の込んだ料理ではないのですが

誰よりもお喋りをしたい人、

ギターを弾きたい人、歌いたい、踊りたい

そんな人たちの集いがパーティを豪華に楽しくするんですね。

ある時、普通はおき火で焼いた肉に

岩塩だけで味付けをするアサードに

試しに、「サルサ デ ソーハ」とスペイン語で言う

「お醤油」をかけて勧めてみました。

「祖祖父のもっと前からアサードは塩で食べるもんだ」

などど食べるまでは、頭が固いことを言う人もいましたが

食べてみると・・・

「やはり日本人の作るものは「サルサ」も上手いね!」

と上々の評判でしたよ☆

さて次回は

ラテンアメリカ料理に欠かせない

トマトと玉ねぎのソースに浸して食べる

トルティーリャ料理を紹介します

トルティーリャは輸入品を扱っているスーパーやデパートで手に入りますよ!

Hasta pronto(アスタプロント)!又ね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました