ドキドキ!ワクワク!大自然アクティビティへようこそ!

ドキドキ&わくわくをたっぷり味わえる大自然アクティビティ!
7mの高さから滝つぼにダイブしたり、20mのウォータースライダーで川をすべり降りたり!
豪快な水しぶきに、冒険心が刺激されること間違いなし!

お申込みはこちら

つづき

その日はレッドクラスで、できればクラスの前に

話をしに行こうと思っていました。

 

しかし、同じように先生と話をしたいと思う人がたくさんいるようで

なかなか行くタイミングがつかめませんでした。

 

ふと見た時に、先生が見えて誰もいなかったの

急いで先生のところへ行って

「アシスタントの件なんですが」と言うと

「後で話そう」と言われました。

 

うわー!です(笑)
しまった、タイミングを誤ったと思いました。

 

しかしレッドクラスでもとても練習に集中できて

先生がこちらを見ているのもわかりました。

これが今わたしの精いっぱいです。それでもだめならもう仕方ないと思いました。

 

練習が終わり、次の時間までみんなは朝ご飯を食べています。

先生も生徒に交じって話をしていました。

わたしはなかなか話しに行く勇気が持てず、(もう、いいかな・・・)と思いかけました。

 

でも友達が「あ、いまだ!今!早く!」と文字通り背中を押し出してくれて

とことこと先生の前へ。

「今話してもいいですか」

「話しなさい」

「アシスタントができたらいいと思っていたんですが・・・」

「じゃあ、やりなさい」

「!?」

ということで、無事アシスタントをすることができるようになりました。

あとから、忙しくて混乱していてうまく伝わっていなかったと聞きました。

 

とりあえず、クビになったのではなく良かったです!

 

そしていよいよアシスタント初日を迎えました。

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました