ドキドキ!ワクワク!大自然アクティビティへようこそ!

ドキドキ&わくわくをたっぷり味わえる大自然アクティビティ!
7mの高さから滝つぼにダイブしたり、20mのウォータースライダーで川をすべり降りたり!
豪快な水しぶきに、冒険心が刺激されること間違いなし!

お申込みはこちら

むかしアラブの・・・♪

Hola~ Qué tal?(オ~ラ~、ケ タール?)

こんにちは、お元気ですか?

今日は

「元気のない男の子に、モカマタリを飲ませたら、

恋をするくらい元気になっちゃった!」というような内容で

その昔、日本で大ヒットした「コーヒールンバ」のお話しです。

 

種々雑多なリズムが変化を遂げながらまた次のリズムが生まれる

と言ったキューバがリズムの宝庫となったのは

スペイン系白人が3分の2

黒人との混血(ムラート)が3分の1

当然その二つが混じりあって生まれた文化ですね。

 

さて数あるキューバのリズムに

「ソン(英語のソングはここから!?)」というリズムがあります。

それは昔々(1910~1920)のキューバの音楽を集約したような、

言ってみれば最大公約数的な存在だったらしいのです。

 

従って、「ソン」は、ルンバとかボレロ、ダンソン色々に変化して

「ソン」自身は発展をとげることが無くなりました。

 

ダジャレを言っちゃいそうだったけど・・・

 

今回は西田佐知子でも井上陽水でもない

アラブの偉いお坊さんなんかは出てこない、

 

オリジナルのアルパの演奏で

「コーヒーを弾きながら」を聞いてみて下さい。

 

♪コーヒーを弾きながら

Hasta pronto(アスタ プロント)!又ね!☕

コメント

タイトルとURLをコピーしました