ドキドキ!ワクワク!大自然アクティビティへようこそ!

ドキドキ&わくわくをたっぷり味わえる大自然アクティビティ!
7mの高さから滝つぼにダイブしたり、20mのウォータースライダーで川をすべり降りたり!
豪快な水しぶきに、冒険心が刺激されること間違いなし!

お申込みはこちら

ツアー中クマに遭遇!?の巻

黒部川は、水量が豊富でまたその水が美しいことでも知られています。
ラフティングツアーでは、海まで下ることもできます。
川から海に出る!この体験は他ではなかなかできないかもしれません。
もうひとつ、黒部川で知られているのは「排砂」です。
ダムに溜まったヘドロを流すものですが、これにより川の姿はかなり変わります。
ある年の夏のはじめ頃、何人かの仲間とボートに乗りました。
大雨が続き、排砂が終わってしばらくたった時でした。
進むにつれ、コースがいろいろと変わっていることに気がつきます。
「あれ?瀬がなくなってる」とか「流れが道から離れたから写真が撮れなくなったなあ」とか。
一度の排砂で結構川の流れは変わってしまうんです。
しばらくすると、流木や石が積み上がった中洲に真っ黒なかたまりを見つけました。
まさか・・・
と思い近づいていくと・・・
そのまさか!
その黒い塊は毛皮を着ています!
クマです。
ボートの中では、近づこうという人とやめておこうという人にわかれました。
そうか、こんな中洲にもクマが来るのかと、驚きながら距離をとって見守っていたのですが、
いっこうに動かない。
もしかして死んでる?
いや、寝てるのかな?
少し距離をつめ、石を投げて確認。
うん。動かない。
勇気あるニュージーランド人が中洲に上陸。そして、クマが死んでいることを確認しました。
たぶん、排砂の勢いがすごくて溺れてしまったのでしょう。
なんとなくかわいそうな気持ちになりました。
その後川でクマに遭遇したことはありませんが、コース途中の集落では、よく目撃情報があります。
みんなきっと川に近づかなくなったのかもしれませんね。
※写真はイメージです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました