ドキドキ!ワクワク!大自然アクティビティへようこそ!

ドキドキ&わくわくをたっぷり味わえる大自然アクティビティ!
7mの高さから滝つぼにダイブしたり、20mのウォータースライダーで川をすべり降りたり!
豪快な水しぶきに、冒険心が刺激されること間違いなし!

お申込みはこちら

ホット焼酎!

エリカの中南米いまむかし

Hola(オ~ラ~)お元気ですか? エリカです。

 

寒い時に飲む!とは決まってはいないのですが、

アルコール度数が40度、あるいはそれ以上の焼酎に

大きなそれ用の器に入れて火をつけ

火が消えたら砂糖とかき混ぜて飲むという「ケイマーダ」と言う飲み物があります。

ケイマーダの素焼きの入れ物

元々は食後酒として飲まれていて

スペインのガリーシアの名物。

 

「ケイマーダ」は焼けた酎という意味(やけ酒ではない(^^)

それ専用の素焼きの器の周りには

可愛いカップが幾つかかかっていて

置物にしても可愛いし何かほかの用途にも使えそうです。

 

丁度、イタリアのグラッパのような

元はぶどうの蒸留酒で「オルーホ」と言うお酒。
オルーホ(蒸留酒)

 

それをなんでも半時間ほど炎上させて

陶製のカップに、時にはレモンやコーヒー加えて飲んだりもしますが

グループ交流が目的の飲み物として発展したんですって。

 

雨続きで冬が長いガリーシアでは、祝い事にはもちろんですが、

何かと寄り集まってはこの「ケイマーダ」の習慣が身に付いたようです。

 

今では、スペインのどこでも、まるでデザートのようにこの食後酒は

日常的のようです。

 

日本ではすぐに火災報知器が鳴り響きそうですが

でも今や全国に数多くあるスペインレストランやバルのどこかで

提供しているそうなので試してみては?

 

40度とは言ったけど、燃やして殆んどアルコール分飛んじゃいますから

 

Hasta pronto(アースタプウロント)! 又ね(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました