ドキドキ!ワクワク!大自然アクティビティへようこそ!

ドキドキ&わくわくをたっぷり味わえる大自然アクティビティ!
7mの高さから滝つぼにダイブしたり、20mのウォータースライダーで川をすべり降りたり!
豪快な水しぶきに、冒険心が刺激されること間違いなし!

お申込みはこちら

ヴェネズエラはベネチアから

Hola~(オ~ラ~) エリカです。

 

コーヒールンバの原曲がヴェネズエラだったとは!

と、驚く人もあるでしょうけれど

もっと驚くのが石油の輸出量!

 

実はヴェネズエラが世界一位(1917年に発掘)と言う時期があったんです。

 

そして、二つの山間に挟まれた丘の街、首都カラカスは

あっという間に近代的な高層ビルが立ち並ぶ大都市になりました。

 

今から500年も前、コロンブスが南米大陸を見つけた時のこと。

誰かが、水の都ヴェニスのヴェネチアに似ていると言ったところから

ヴェネズエラとなったんだそう。

 

「ヴェ」じゃなくて「べ」にしましょう。

 

ベネズエラと言えば、相変わらず戒厳令やら政治のゴタゴタ・・・のことしか

日本には伝わって来ませんね。

 

4、5日前の新聞にも原油価格の下落で

ベネズエラのインフレ率は今年の末には100万%に達するという

想像を絶するニュースが出ていて

ラテンアメリカファンとしては胸が痛くなります。

 

音楽に戻りましょう♪

 

ベネズエラ音楽

それは国土の3分の1を占める草原地帯(ジャーノスと呼ぶ)

ここで雨季と乾季に渡り牛を追って

移牧を行うカウボーイ(ジャネーロス)たちの生活から

リズムや音楽が生まれました。

 

お馴染みのマラカスや、アルパ、

四弦ギターのクアトロなどが8分の6拍子とか

4分の3拍子のリズムを刻んで

ベネズエラ音楽は、それは数多く名曲を残しています。

 

今日はベネズエラを代表する

シモンディアスの代表曲「カバージョビエッホ」

 

本当なら、クアトロの弾き語りにしたかったのですが

プラシドドミンゴと歌った珍しいものを見つけたので

聞いてみて下さいね。

 

P・ドミンゴにもうちょっと遠慮してほしかったなあ・・・

どこかで聞いたこと、ありませんか?

答えは次回に(^_-)-☆

♪カバージョビエッホ

コメント

タイトルとURLをコピーしました