ドキドキ!ワクワク!大自然アクティビティへようこそ!

ドキドキ&わくわくをたっぷり味わえる大自然アクティビティ!
7mの高さから滝つぼにダイブしたり、20mのウォータースライダーで川をすべり降りたり!
豪快な水しぶきに、冒険心が刺激されること間違いなし!

お申込みはこちら

練習おぼえがき 2017年1月24日

1月24日
今日は一番前で練習。
先生の目の届くところだけれど、あまり緊張せず
隣の人にも気を使いながら練習を進めた。

たまに、隣の人と
まるっきり同じ進み具合になることがあり、
膝がぶつかったり、
ウッティタハスタでお互いが
邪魔になったりするけれど
今日はそれも、落ち着いて対処できて
気持ちよくポーズをとることができた。

焦って全然安定しない日もあるから、
今日は調子がいいのかな?

スプタクルマでまた、
チャーリーブラウン氏(勝手にそう呼んでる)
が来てくれた。
(はいはいリラックスしてー)って感じで
肩をぽんぽんたたいて、肩を入れて、
足をかけてくれる

全然痛くないし、気持ちがいい。
やっぱり、この人はすごい人なんだなーと思う。

今日は足をかけたまま起き上がることができた。
(そうそう、よしよし)って感じで
チャーリーブラウン氏が見ててくれた。

次のガルバの準備をしていたら、
隣に先生がアジャストに来た。

隣の人はカポターサナをしていたので
絶対ぶつかりたくないと思い、
なるべくゆっくり
様子を見ながら回っていたら、足がゆるんできた。

すかさず「はい!リナ!足をしめて!」
と注意が飛んできた!

ガルバで注意される人も珍しいかもしれない(^^;

ああ、しっかり見てくれているのだと
うれしい反面
まだまだ余裕をもって練習できてないなと感じた。

腰は痛いけれど、背中は開いているので
しばらくウルドゥヴァダヌラーサナで
だれか来てくれないか待ってみた。
でも誰もいないので、起きる練習はやめて
ドロップバックの姿勢でサポートしてくれる人を待つ。

近くにジェフ先生がいたので
もしかしたらー?と
ちょっと期待してしまったけれど
降りる練習を始めたら
すぐにいつものインドの子が来てくれました。

小柄だけど今日も元気いっぱいの彼女。
今日は、なかなか降りさせてくれないというか
手をできる限り
めいいっぱい足に近づけて降りるように
腰を傾けられた。
自己最高の傾き(笑)

そこから、ウォーク、ウォーク、ウォーク。
珍しく痛くない、苦しくない。
「じゃあ、そこで呼吸して!」って声もしっかり聞こえた。
手の方に体重を持って行って、起きるぞー!と。

でも、こんなに反ったことがなく
想像よりも、もっと足の力が必要だったようで
今日も自分では起き上がれなかった。

でも気持ちよいと思えた練習でとてもよかった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました