ドキドキ!ワクワク!大自然アクティビティへようこそ!

ドキドキ&わくわくをたっぷり味わえる大自然アクティビティ!
7mの高さから滝つぼにダイブしたり、20mのウォータースライダーで川をすべり降りたり!
豪快な水しぶきに、冒険心が刺激されること間違いなし!

お申込みはこちら

20171222練習覚書

やっと今週のマイソール練習が終わりました。

長く感じた1週間。
実際には月曜がムーンデイで火曜にレッドクラスがあったので
マイソールスタイルは水、木、金の3日でした。

今週がひと月のうちで一番体調がよい週に当たるため
(がんばるなら今週!!)と思って居ました。

そうなるともう、自分のエゴとの戦いです。
練習していて、ふと事故のことを忘れます。

(あれ?なんでわたしまだここにいるんだっけ?)
(なんでみんなは進んでるんだっけ?)

1年8か月前にもらったポーズをまだやっていることへの焦りや
(もう、できるはず!)という理由のない期待。

でもそこで思い出します。
わたしは事故に合って、1カ月まともに歩けなかった。練習もできなかった。
つい11月の初めにフルプライマリーできるようになったところじゃないか。

首から「わたしは事故に合ったのでまだこのポーズです」と書いてさげておきたいくらい
みんなに「今どのポーズ?」と聞かれるので
これもきっとこころの鍛錬なんだなと。

そんな中での今日の練習。
ゆっくりやろう!と思っているわたしと
どんどんいこう!と思っている先生との不思議な時間になりました。

まず、入るときに「ワンモー!リナカム!」で名指しで呼ばれて
前の方へ。

だれも通らないし、空気もある今まででベストな場所でした。
呼吸だけ考えてゆっくりやっていました。
スプタクルマでのんびり手をまわしていたら
「リナ!ゴー!」と先生の声が聞こえて、くるくるっといっちょうあがり!の感じで
まとめられました!何か言ってくれたけど、聞こえず。

ウルドゥヴァダヌラーサナからのカムアップでは、
やっぱり足に体重が乗らなくて5回目でまた停電して・・・
いつものアシスタントさんが目の前にいるけど助けてくれないから
(ん?なんかあるな)と思ったら
途中から「リナー!カムアップ!」と鋭い声が!

「なにやってるんだ?あがりなさい!ほら、足が弱い!」と言われて
支えられて起きました。

なんか、今日わたしより先生が気持ち先行していてついていけてない(^^;

最後のバックベンドでは、痛くなかったのでトコトコと手を歩かせました。
先生は3回くらい「ウォーク!ウォーク!」言って
ここまでかなと思ったところからも「指で歩きなさい」と言いました。

行けるとこまでー!がんばったー!と思ったら先生が起こしてくれて笑って
「あとこれだけだったよ!」と20センチくらいの手の幅を見せてくれました。

まるで小さい子に言うようなニコニコした言い方だったので
わたしも笑いました。

きっと先生にとっては
3年前に「パドマーサナ組めますか?」から始まった、ひよこで来たわたしは、
いつまでもひよこなんだろうなあと
うれしいような、もっと頑張らなくちゃというような
でもやっぱりうれしいことなんだなとあったかい気持ちになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました