ドキドキ!ワクワク!大自然アクティビティへようこそ!

ドキドキ&わくわくをたっぷり味わえる大自然アクティビティ!
7mの高さから滝つぼにダイブしたり、20mのウォータースライダーで川をすべり降りたり!
豪快な水しぶきに、冒険心が刺激されること間違いなし!

お申込みはこちら

6月&7月はジャガイモふみの時期!?

エリカの中南米いまむかし

Hola オーラ―  エリカです。

ジャガイモは16世紀中頃

スペイン人によってヨーロッパに

導入されたといいます。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%a2%ef%bc%8d%ef%bc%92
日本での最大の生産地は

言わずと知れた北海道ですが

やはり北海道へも

1600年頃にオランダ船によって運ばれたという

記録が残っています。

ところでジャガイモは何種類くらいあると思いますか?

インカ帝国の末裔と呼ばれている

インディオ(学識用語ではインディヘナ)が

主食としたジャガイモは

改良に改良を重ねた結果、およそ20種類くらいあり

場所によっては

親指大くらいの小さいものもあって

必ずしも食料としなければ

数百、数千種を越えると言われています。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%a2%ef%bc%8d%ef%bc%91

さて、前回のつづき

麦踏みならぬ、ジャガイモ踏みの話をしますね。

ジャガイモは他の穀物と比べても

水分を含んでいるので腐りやすく

貯蔵や運搬には都合が悪いんですね。

特に中央アンデスの6月、7月は

一年のうちで最も乾燥し

夜間は氷点下にまで下がります。

ジャガイモは、外で野ざらしにされていることが多いため

凍結と乾燥を繰り返し

ブヨブヨになるんですって!

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%a2%e8%b8%8f%e3%81%bf

そのブヨブヨになったジャガイモを

踏んで踏んで踏みつけて、脱水状態に。

それをしっかり乾燥させることで

ようやく!

アンデス住民にはとても大切な食料となります。

続きは次回に・・・

アースタ ラ ビースタ!

又ね!

富山の観光・自然体験は
J-WETで☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました